料理と手作りと旅行。そして子育て。


by miwachanl8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

はっさく酵母 ライ麦ぱん

はっさく酵母でライ麦ぱんを焼きました。
f0159406_10411840.jpg
前に焼いたぱんが冷凍庫にあるから、まだ焼かなくてもよかったんですけど、ついうっかり中種を継いでしまったので。前回全くこねずにひび割れていたので、今回は5分ほどはこねてみました。でも5分。ほとんどこねずに、一次発酵のみの根性無しぱん再びです。キャラウェイシード入りで美味しい。
f0159406_1041292.jpg
ななこちゃんが物心ついた時、うちで食べるぱんってこんなぱんなんだな〜、とふと思ってしまいました。

私はこういうぱんって小さい頃から食べ慣れていなかったのです。柔らかいクリームぱんやあんぱんをよく父が買っていました。高校生のときは、駅の中にあるパン屋さんで、あんぱん・きんぴらゴボウが入ったぱん・ピロシキを好んで買っていました。大学生になって京都で一人暮らしを始めて、近所にあったル・プチメックというパン屋さんで初めてカンパーニュを買って食べた時に、「茶色いぱん苦手だな・・」と思ったのでした。おすすめって書いてあったから買ってみたけど、それまでの私の中にはスーパーで買えるような食パンやお惣菜ぱんしか存在してなかったんですね。まぁ、地元にカンパーニュを売っているようなパン屋さんは身近になかっただろうと思いますが。(何だか急に、ぱん屋さんのぱんも食べたくなってきました。あんぱん、ピロシキ〜。)
大学3回生の時に、天然酵母ぱん屋さんと知り合って、次第に好きになっていきました。自分でも作ってみたい!と思うようになって、バナナや果物を瓶に入れて酵母を起こしてみたり、酵母にしようと思って哲学の道でさくらんぼを集めたり、と、いろいろ試行錯誤して失敗ぱんをたくさん焼いて、今に至ります。

夫はというと、ヨーロッパでの生活経験もあるし(家庭の味・嗜好がうちとは違う)、実家は以前まで旭川にあって、ベッカライ麦々堂というドッシリ系の天然酵母パン屋さんのぱんを食べて育ったので、こういうぱんが大好きみたいです。

味覚なんて大人になってからいくらでも変わるんですけどね、ななこちゃんはどうなるかな〜。
[PR]
by miwachanl8 | 2012-03-29 11:03 | みわぱん