料理と手作りと旅行。そして子育て。


by miwachanl8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏みかん酵母のぱん ウエダ家方式

久しぶりに酵母ぱんをアップします。時々焼いてはいたんですけどね。

f0159406_13535772.jpg
人参とりんごのすりおろしに玄米甘酒を加えた酵母。
f0159406_1354831.jpg
焼き色が薄いですが、ななこちゃんと一緒に寝てしまい、かなり発酵のタイミングをのがして焼いたせいかもしれません。片方にはれーずんとくるみを包みました。
f0159406_13544966.jpg
確か、ライ麦と全粒粉を少し入れたと思います。

最近焼いたのは夏みかん酵母。夏みかんを1個、砂糖などの甘みを加えずに酵母にしました。
f0159406_1423674.jpg

ちょっと前に図書館で久しぶりに天然酵母のぱんの本を開いたら、珍しい作り方だったので思わず借りて帰りました。帰ってから「ウエダ家」さんの本だと気がつきました。数年前に出た本のようですが、水も砂糖も加えず、瓶に果物だけをつめて、潰して、しっかりフタをしてから冷蔵庫で保管します。それから常温に戻してぶくぶくしてきたものを酵母として使うというやり方でした。

夏みかんは本に載っていなかったのですが(もしかしたら不向きなのかも)、たまたま家にあったのでチャレンジ。皮をむいて、房を1個ずつに離して入れて、麺棒で何回か押しつぶして冷蔵庫に入れました。翌日に見てみたら、液体部分が完全に固まっていました。ペクチンの作用かもしれないなと思いつつ、白いつぶつぶしたものもいっぱい出ていました。不安になりながらも、10日くらい冷蔵庫に入れておいて、常温に戻してから3日くらいでシュワシュワの状態になりました。
f0159406_1416092.jpg

白いつぶつぶも不安だし、もしかしたら雑菌繁殖してるかもな・・・とも思ったのですが、ぱんにしました。強力粉は500gに1割ほどライ麦粉と全粒粉を入れました。酵母の夏みかんは薄皮と種を取り除いて、発酵してプスプスになった果肉も生地に混ぜ込んじゃいました。半分に分割して、片方にはれーずんとくるみを成形時に包みました。無水鍋焼きです。
f0159406_1443358.jpg
焼き色がとっても薄い〜〜。これも、寝過ごしてしまったせいなのか? 昼にこねて夜に焼くというタイムテーブル自体が問題なのかも?? でも、ウエダ家さんの本に載っていたぱんも全体的に色が白かったのであまり気にしないことにしました。(本の後ろにお友だちの名前を発見・・・! そういえば、アシスタントとして働いていたらしいのでそれもそのはず。今度いろいろお話聞いてみようと思います♪)

このぱん、とっても美味しかったんです。しばらくこのウエダ家方式でやってみたいと思います。酵母の作り方は見たけど、パンのレシピは控えずに返却してしまいました。もう一回借りてみようかなぁ。でもレシピ通りにつくらないだろうからなぁ。
f0159406_1472188.jpg
近所でとってきた野いちごをジャムにして添えました。
[PR]
by miwachanl8 | 2014-05-13 14:12 | みわぱん