料理と手作りと旅行。そして子育て。


by miwachanl8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2008年 06月 08日 ( 3 )

哲平が壱岐から自転車で帰ってきました。アジの開きやスルメイカやアオサやワカメをさげて。ワカメは参加賞だそうです。さっそく今日の夜いただきました。レースはビリに近かったって・・、でも楽しそう。
f0159406_2228465.jpg
熱海に出張に行った時もお土産はアジの開きとスルメイカでした。好きなんだね。
[PR]
by miwachanl8 | 2008-06-08 22:47 | みわごはん

月夜浜節

今日は福岡に大工哲弘先生が来ていたので、歌のレッスンを受けました。去年は修士論文で忙しく、先生に会うのは夏以来でした。前回はコンクールの課題曲の「つぃんだら節」の稽古をしてもらいましたが、今回は札幌に行った時に少し教えてもらった「月夜浜節」という八重山民謡をみてもらいました。月夜浜節は石垣島の歌で、とてもきれいな歌です。


月夜浜だぎぬ 岸ぬ浦ぬ木綿 木綿の花作てぃ 木綿かしかきら

繰り返し返し 指はつぃき 見あぎりば 筋持つぃぬ 美らさ

読美らさあむぬ 吹かば飛ぶ 手巾しゆてぃ 待ちゅら ヨンナ


月夜の浜を歌った歌ではなくて、綿花畑に白いワタが咲いているのが月夜の浜のようにきれいな様子を歌った歌です。女の人が綿花をつむいで、軽く美しい手ぬぐいを織って愛する人を待ちましょうという意味。なかなかよい歌詞じゃないですか。
人頭税時代、石垣島の女の人に科せられた税に「御用布」があったそうです。綿花栽培もきつい仕事だったと思います。歌にはそういうことも込めてうたう方がいいのかなぁ。それにしても、私も綿花育てて布を織ってみたい。

個人レッスンは15分程度でしたが、とても勉強になりました。私が農業に興味があることを知っているので、月夜浜節以外のハルサー(農)関係の歌も教えてもらいました。少しずつ勉強しようと思います。 
[PR]
by miwachanl8 | 2008-06-08 22:22 | 沖縄(三線・舞踊・旅行記)
レーズンでおこした酵母の中種2基目を過剰発酵させてしまいましたが、「過剰発酵ならいつものこと!」と開き直ってその中種でパンを焼きました。中種は冷蔵庫の中で少し発酵してまたふくらんでいました。室温において常温に戻してパン作りのスタートです。Pickyさんのレシピを参考に材料を計りました。「おぉ・ピールが結構入るんだなぁ」胡桃やレーズンなどパンに入れる副材料をテキトウに放り込んでましたが、私がいつも入れる分量よりもかなり多いレシピでした。そしてもう一つ違ったのが、水分量。私はいつももっとかための生地を捏ねてました。今回水分量をレシピ通りにしたら、生地がいつもよりやわらかい!「やわらかい生地は美味しいパン・美味しいパンはやわらかい生地」とどこかで読んだことがあります。水分が多いと捏ねる時にゅるにゅるするので控え目にしてたのはよくなかったのかも。にゅるにゅるしても、捏ねているうちにだんだんと手になじんできました。「やわらかい生地はさわってて気持ちいい生地♪」寝過ごしながらもパンチして明け方焼きました。
f0159406_2141191.jpg
側面がばりっと割れていますが・・、いつもより表面がなめらかです。全粒粉の分量が少ないからか、水分量が多いからか?お味はというと、美味しい~~~!私イーストのにおいって嫌いだし、ホシノ天然酵母は「ホシノです」ってにおいがするんだけど、この香りは優しくて好きです。ピールもたっぷり入っていて美味しい。

哲平は昨日から会社の人と壱岐に行って1泊して、今日ロードレースに出て、帰ってきました。帰ってすぐパンを発見して食べたいと言うので、薄くスライスして食べてもらいました。
「今までのよりうまい!オレンジの香りもいいね」って。何でもうまいうまいと言って食べてくれますが、今日のパンは喜んでもらえて嬉しいです。天然酵母パン今までたくさん失敗してきたけど、やっと入り口が見えてきたような心境です・・笑
これからもっともっと焼いてもっともっと美味しいパンを目指します!
[PR]
by miwachanl8 | 2008-06-08 21:50 | みわぱん